別れたい

別れさせ屋工作 HOME > 別れたい > 別れさせ案件 事例

別れさせ案件 事例

別れさせ案件 20代の場合
20代の男女は比較的異性との出会いの機会が多いので、年齢が近く、容姿の端麗な工作員をターゲットに接触させ、
メールアドレスの交換まで持ち込めば、も う展開はこちらの手の内にあるも同然です。

依頼者様からのターゲットに関する詳細な情報や行動調査から判断した、ターゲットの理想的な性格・容姿を持つ
工 作員を接触させますので、成功率はかなりのものです。

しかし20代のケースでは、ターゲット同士が容易に復縁してしまうことが多く見受けられます。 年齢が若い分、
気持ちの変化が激しく、 別れさせ屋工作の成功確率が高いことと比例し、復縁の可能性も高くなっているのです。

そのため、 別れさせ屋工作が成功した後しばらくの間、
いかに相手の気持ちを工作員にひきつけておくかが、重要なポイントとなってまいります。
 
別れさせ案件 30代の場合
年齢別の年間成功率では、30代が最も高成功率を誇っております。
30代の男女も異性との出会いの機会はそこそこ多いのですが、20代の頃より考え方が成熟し、
相手の気持ちの変化や自分の置かれている状況にも冷静に対応できるため、
感情の高ぶりによる復縁の可能性が20代に比べれば少なくなっております。

ただし、復縁の可能性には個人差があるため、状況を見据え、必要に応じて復縁防止の策を施すことも必要です。
 
別れさせ案件 40代の場合
40代の男女は、経済的、社会的にもある程度自立していますので、相手への依存心も少なく、
そのため工作の難易度も高くなる傾向にありますが、相手の考え方を尊重し、復縁に至るケースも少ないのが特徴です。

ただし、社会的立場には個人差がありますので、精神的に余裕のある立場のターゲットには
工作の成功率は上がりますが、社会的責任の大きいターゲットには不貞行為に多くのリスクを伴いますので、
工作の成功率は下がる傾向にあります。
 
別れさせ案件 50代の場合
弊社におきましては、50代以上のターゲットの工作依頼は年間で全体の約1割にも満たない案件です。
様々な条件を総合的に探究した場合、1番難易度の高い工作であると言えます。 50代以上ともなると、
資産や社会的地位がある場合が多く、不貞行為や離婚となりますと、慰謝料問題や財産分与 、
また世間的体裁、親族間での問題等、多種多様なリスクを抱えてしまい、デメリットが多いことは誰の目から見ても明らかです。

偶然の出会いや、その日限りのアバンチュール的な出会いの演出には乗ってこない傾向が強くあり、
完全に警戒心を払拭するまでには、焦らずよっくりと信頼関係を築くことが大切です。
そのため、工作には準備期間を含め長期間を要します。
ターゲットの人格の見極めから出会いのきっかけ、その後の細かなやり取り、最終的な工作員との別れ方にも
細心の注意を払わなければならず、しっかりとした手法の手腕が問われます。
 
Page top