事例とお客様の声

別れさせ屋工作 HOME > 事例とお客様の声

別れさせ相談事例

別れさせ屋の工作を開始する前には、工作対象者の情報を徹底的に入手し、その情報をこと細かく分析してから 何通りかのシナリオをプランニングします。 万が一、工作がシナリオ通りに運ばない場合は、ご依頼様と協議の上、最善の方法を駆使して 工作活動に取り組んでまいります。
ここでは別れさせ屋の工作定番の事例を実に簡潔ではありますがご紹介いたします。
 
別れさせ屋 相談事例  
【妻と浮気相手を別れさせて欲しい】 名古屋市在住のS様からのご依頼
奥様のA子さんは31歳。お子様が一人。A子さんは愛知県内の大手外資系企業で営業職をしているという。不倫相手のN(30代後半)も同じ職場であり、いわゆる社内不倫。依頼者様の奥様は最近では無断外泊までするようになり、子供の面倒はおろか、家庭内別居のような状態が1年半前から続いている。このままでは家庭崩壊するのも時間の問題で、子供のためにも何とかして不倫をやめさせて欲しい。
 
事前調査
先ずは工作対象者であるNについての情報収集から取り掛かり、接触の糸口を見つけ出す為に
Nの立ち寄り先・行動パターンを徹底的に調査。 一週間の事前調査で判明したことは、Nは仕事と不倫関係にある、
A子さんと会う以外はほとんど外出せず自宅に篭りっきりの生活パターンであることが判明。

工作着手
接触はNの通勤時に絞ることにした。 片道40分ほどの道中を電車と徒歩で通勤しているNに接触する事はそれ程困難ではなく、工作開始から1週間目に、ある仕掛けを使って自然な形で接触することが出来た。
接触したときに工作員がメールアドレスをNに伝えたところ、後日Nから工作員にメールが送られてきた。「先日はありがとうございました。」最初こそ短文のメールでそっけない内容だったが、工作員が甘いメールを送り続けることでNからのメール内容も変わっていった。
「彼氏いるの?」「もしよかったら今度食事にでも行かない?」
ここまでくれば、工作は成功したのも同然。後はA子さんとどうやって手を切らせるかが問題。工作員がNとデートを重ねていく上で、Nの口からA子さんの悪口が、次々と出てくるようになる。 「A子とはただの遊び」「A子には変態嗜好があり・・・」などなど。ある日、NとA子が会っているところに工作員が偶然を装って鉢合わせた。工作員はA子さんに、NとA子さんの二人にしか知らない秘密の数々をを決め手として暴露。 「あなたの変態的嗜好・・・彼から聞いたわよ」隣にいるNは何も言えずただただ黙っているだけ。工作員がNに「どっちの女を取るのか今この場でハッキリ決めて !?」と、迫ったら、躊躇することなく、Nは工作員を選んで一件落着。

別れさせ工作は最後の詰めがもっとも重要。中途半端な別れさせ方では二人が復縁することになるのはいうまでもありません。最終最後の詰めがどの程度強烈かによって復縁する確率が下がります。別れさせ工作成功後はアフター工作で、復縁防止の為に、工作対象者と工作員の交際を継続させてまいります。

所見

ご依頼者様にとっては、不倫関係に陥っていた奥さんと相手とを別れさせただけでは表面的に解決したという程度にしか過ぎません。別れさせ屋工作を利用して、二人を別れさせた後に重要になってくるのが、ご依頼者様ご自身が奥様を「許す」ということが出来るのかどうかが大きな課題になります。
本件の場合、深い傷心を負ったA子さんを、ご主人様が、何も言わず温かく迎え入れ、以前のような態度でA子さんに接することが出来てこそ、ご夫婦が再生され、円満な家庭を築き上げることが出来るでしょう。犯した過ちを悔い改め反省している相手を「許す」その行為こそが本当に愛ではないでしょうか。
 
別れさせ屋 無料相談専用フォーム >>
 
別れさせ屋 相談事例  
【彼氏と浮気相手を別れさせて欲しい】 大阪府在住のY様からのご依頼
交際2年のJ(30代)の様子が怪しい・・・
依頼者様はJさんに内緒でメールを盗み見たところ、他の女性の存在が発覚。「今度いつ逢える?」「愛してる」などのラブラブメールを1日に20通以上やり取りしていることが分かった。このままでは、いつJさんから別れを告げられるか不安で仕方ない。二人を別れさせて欲しい。
 
事前調査
本件の場合、工作対象者の情報が全くなく、手がかりはメールアドレスのみ。近年個人情報保護法の取り決めが厳しく、携帯アドレスから所有者を割り出せなくなっている。その為、Jさんの行動を尾行して彼女の所在を判明させることから着手。 別れさせ工作「お試しプラン」2日目に判明したことは工作対象者になる彼女(R)は20代前半で一人暮らし。週3日北新地でホステスとして働いている事実が判明した。

工作着手
工作開始後、早速接触を図るため北新地のRが働いている高級クラブに工作員2名を客として送り込む。
最初の接触では、あまりRに好意を持った態度を示さず、男と女の駆け引きに徹する。
工作員は、イケメンでお金持ち、5年後に一部上場を目指しているベンチャー企業の若社長に設定。店に通い始めてから二週間たたない内に、アプローチを図る。「今夜付き合ってくれるね?」有無を言わせない多少強引な誘いにもRは断らなかった。店の外には運転手付きのメルセデスを待たせておいて、完璧なシチュエーション作り。工作員とRの交際は約1ヶ月続き、その間にRのからJさんの存在を聞き出した。
「俺と真剣に付き合いたいなら、他の男とは全て手を切れ!」
工作員は目の前でRにJさんに電話をかけさせ、別れの告白をさせることに成功。
 
別れさせ屋 無料相談専用フォーム >>
 
別れさせ屋 相談事例  
【愛人と一緒になるために妻と別れたい】 京都府在住のC様からのご依頼
依頼者様が別れさせ屋工作をご利用して叶えたい本筋は、
■妻に不貞行為をさせて、全て有利な条件で離婚したい。 浮気工作+浮気の証拠作り
夫(30代)妻K子さん(30代)お子様が二人。工作対象者のK子さんは専業主婦。妻と離婚したいのですが、多額の慰謝料を請求されそうで、なかなか言い出せない。何とかして、慰謝料を払わずに離婚できないでしょうか?勝手だとは思いますが、長男の親権も私が取りたいのです。心配なのは、妻は専業主婦で、ほとんど外出もしません。そのような場合でも工作できるのかが不安です。
 
事前調査
本件の場合、事前調査を行う必要なしと判断。
K子さんが、月に1、2度、出張ネイルを利用しているという依頼人からの情報の下、自宅訪問によるシナリオをプランニング。

工作着手

工作対象者の自宅ポストに出張ネイルサービスのチラシ広告を入れることに着手
”初回期間期間限定80%OFF” ”期間限定アート5本無料” ”期間限定ストーン付け放題” などといった、
K子さんが気を惹きそうなチラシを入れ続る。 想定内のことではあったが、広告チラシを見てK子さんから、連絡は入ってはこなかったが、それでもK子さんがチラシを見ているという確証(毎回ポストの中は空だった)があったので、5日に1度の割合で広告チラシを入れ続け、ある日、アポなしでK子さん宅を訪問することにした。

訪問したスタッフは、現役のネイリストと女性工作員の2名。女性工作員はネイルの見習い研修生という設定。
依頼人からの情報とは少々違って、K子さんは気さくで人当たりの良い好人物だった。
「いつもチラシは見ていたんだけど、電話かけるのに躊躇してしまって・・・」

最初は2時間程度の訪問だったが、回数を重ねるごとに、お互い打ち解けていき、ときには身の上相談や色恋沙汰の
話題で3時間、4時間と話し込むまでに進展。工作員は他愛もない会話の中からもK子さんの趣味嗜好、
男性の外見的タイプや性格的タイプまで上手く聞き出していた。 ひとしきり雑談した最後には必ず次回訪問の約束を取り次げた。そして頃合いを見計らって、「男性ネイリストで素晴らしい人がいるのですけど 次回一緒にご訪問させていただいてよろしいでしょうか?」と、次の作戦に出る。男性工作員にバトンタッチしてから、K子さんと大人の関係になるまでは、予想外に早く僅か3度目の接触で目的を 果たすことに成功。
 
別れさせ屋 無料相談専用フォーム >>
 
離婚させたい!ご相談事例
・彼からは何度も離婚して一緒になろうと言われていますが、奥さんが意地でも離婚に応じてくれない
・彼と自分の気持ちは一致しているので、どうか離婚させて欲しい
・不倫相手の不幸そうな現在の状況を見るのは耐えられない、1日も早く離婚させたい
・彼は「離婚の話は進んでいる」と、言うが、離婚についてまったく進展がない
・私たちの不倫がばれていて、奥さんが離婚に同意しない
・不倫相手の夫婦仲は冷めているが、異常なほど世間体を気にして離婚しない
・彼女と旦那を離婚させたい
 
離婚したい!ご相談事例
・不倫相手と一緒になり、新しい人生をスタートさせたいので離婚したい
・夫(妻)の顔を見るのも嫌 1日も早く離婚したい
・浮気されたので、もう一緒にはやっていけない、離婚に応じない夫と早く離婚したい
・怖くて別れ話が出せないが離婚したくてたまらない
・離婚して慰謝料を多額に取りたい
・夫婦生活に限界を感じた。話し合っても離婚に応じない夫(妻)と離婚したい
・相手から離婚したいと言わせたい
 
今の苦しい現状を変えたい、未来を変えたい、新たなことにチャレンジしたいというお客様は、どんな内容でもご相談頂ければ有難く思います。詳しい状況をお聞かせいただければ、別れさせる方法や期間、料金をご説明致します。
精神的なつらさから、冷静な判断を失ってしまっては、苦しい状況から逃れられなくなったり、悪い状況が長く続いたりします。
愛の深さが激しいほど、一度相手に裏切られてしまうと反対の憎しみベクトルも大きくなってしまいます。そんなとき、自分自身も滅ぼしかねません。どうしても怖くて勇気が出せないのであれば、せめて我々に相談する勇気を出してください。スタッフ一同、あなたの幸せを掴むお手伝いをさせて頂きます。
人には相談しづらい悩みかもしれませんが、恋愛・男女トラブルの専門家に相談をすることで、これからの対応についてご一緒に考えられるかと思います。一緒に、今できる最善の道を探していきましょう。 ず抜け道はああります!
別れさせたい 別れたい方の無料相談は、下記のフリーダイヤル、ご相談専用フォームをご利用下さい。
 
全国共通窓口
全国対応フリーダイヤル0120-783-283  全国24時間相談受付フォーム
別れさせ屋工作は、全国対応しております。(札幌 仙台 東京 名古屋 京都 大阪 神戸 奈良 和歌山 四国 福岡 )
お気軽にご相談下さい。また、フォームからのご相談も24時間全国対応で受け付けております。
 
ページの先頭へ↑
Page top