別れさせ屋とは

別れさせ屋工作 HOME > 別れさせ屋とは > 現在他社にご依頼中の方へ

現在他社にご依頼中の方へ

インターネットはバーチャルのメディアです。実店舗に於けるリアルな商売とは異なり
お客様はサービスや商品をご自分の目で確かめることが出来ません。
その為、お客様の中には、他社の別れさせ屋でトラブルを経験された方もいらっしゃいます。

工作着手金だけを目的として、契約後は何もやらない
契約違反にならない程度のことだけをやる


このような詐欺同然の行為を平然と行う別れさせ屋の業者が存在することを、
リーチリサーチは許しません!
ここでは、弊社に寄せられてくる、悪質な事例をご紹介いたします。
また現在、他社で依頼中の方で、業者に不安、不信感をお持ちの方は、
別れさせ屋リーチリサーチまで、ご相談ください。

こんな場合は危険!
①追加請求 延長契約を迫る業者には要注意
弊社の見解 お客様に理解不明な様々な理由をつけて
延長契約・追加請求をされた場合、十分な説明を納得いくまで求めましょう。
少しでも不信感を持たれた時は、絶対に応じないことです。
②工作実施日の回数は明記してあるが、報告書に納得できない
弊社の見解 工作実施日を週何回、月に何回と契約書には書いてあるが
毎回同じような映像の報告書を見せられる。
写真やビデオの撮影日を細工するのは簡単な事ですので、
報告書に不自然な箇所がある場合、 とことん納得できるまで説明を求めましょう。
③工作実施前の連絡がない、事後報告には要注意
弊社の見解 工作実施前にお客様に連絡を入れるのは当然のことです。
事後報告の場合、実際には工作を実施していないと判断してよいでしょう。
本当に工作を行っているのならリアルタイム報告が出来るはずですので
ご契約後であっても、担当者に申し出ることです。
④自分の意図と反した工作方法を行なわれていた
弊社の見解 何の打ち合わせもなく、工作方法を勝手に変えられていた。
このような業者では、絶対に工作が成功することはありません。
ターゲットに怪しまれるか、違法な方法で取り返しのつかない
事態に発展する可能性があります。 即刻に工作打を打ち切るように求めましょう。
⑤担当者に連絡を取るのに数日を要する
弊社の見解 担当者に連絡を取るのに、2日も3日もかかるのは不自然です。
このような場合、契約が無効になります。
お客様の方から何度も催促して連絡を取り次げるよな業者では、
以後良い報告が受けられる見込みは、まずないと言っていいでしょう。
契約の見直しをすることがベストです。 
 

お客様にとって人生を左右する大切な問題です。別れさせ屋へご依頼する場合は、
ホームページの派手な宣伝文句に騙されないようにしてください。
業者選びをする際は、ご自身で依頼する会社に足を運んで決めることが絶対条件です。
 
全国共通窓口
全国24時間相談受付フォーム
別れさせ屋工作は、全国対応しております。(札幌 仙台 東京 名古屋 京都 大阪 神戸 奈良 和歌山 四国 福岡 沖縄 )
お気軽にご相談下さい。また、フォームからのご相談も24時間全国対応で受け付けております。
 
ページの先頭へ↑
Page top