離婚の話

離婚にも様々な形があり、それぞれにメリット・デメリットがある事を知っておく事が大切かと思います。離婚には大きく協議離婚・調停離婚・裁判離婚の3つがあります。それぞれ離婚の理由や状況、環境も違いますので、自分の場合はどの方法で離婚を成立させるのが良いのかそれを見極める事も必要です。
 

協議離婚は夫婦同士 が相談して決定するもので、離婚やその条件についてお互い合意すれば、手続きは離婚届の提出のみとなっています。現在、離婚したい人の90%が協議離婚を選択しています。しかし、離婚したい理由が借金や不貞などの場合は、話し合いの中でお互いに感情的 になってしまい、話がこじれてなかなか成立しない場合もあります。
その場合、知人の第三者に立会ってもらい協議す進めていくと話し合いが、スムーズに進む事もあります。



◎協議離婚のメリット
  • →夫婦が話し合い、合意する事で成立するので解決が早い
  • →慰謝料・財産分与・養育費において比較的高い額にできる事もある
  • →時間や労力を使う事があまりない
  • →離婚届を役所に提出するだけで離婚が成立する
     

    ●協議離婚のデメリット
  • →夫婦の話し合いの中で感情的になってしまい、揉めて話がこじれてしまうこともある
  • →お金に関する取り決めをせずに先に離婚してしまい、後で相手と連絡がとれなくなるケースがある(泣寝入り)
  • →お金に関する取り決めについて公正証書を作成しなかった場合は支払いが滞るなどトラブルになる場合もある
  • →公正証書作成費用(内容の金額によって変動、調停費用より高い)がかかる

調停離婚とは夫婦のどちらか一方が家庭裁判所に離婚調停を申し立て、調停委員を介して離婚について合意できない部分を話し合って調整していく方法です。最終的に合意に至るとれば調停離婚成立です。
話し合いは一人ずつ行われますので、相手に話を聞かれて困ることはありません。離婚調停の回数は決まってはいませんが、概ね数回はかかります。また、相談に乗ってくれる調停委員は、強制力がないので離婚したいからと、強制的な受理はできません。位置づけとしては相談役なので、お互いの話を聞いて適切なアドバイスを送るのが仕事です。

◎調停離婚のメリット
  • →相手と顔を合わせず話し合いを進めることができる
  • →双方が合意するような解決策を調停委員が提案してくれる
  • →第三者を通して話し合うので、感情を抑えて冷静に協議できる
  • →手続きが簡単で自分でする事が出来る
  • →費用が安い(2000円程度)
  • →調停調書には強制力がある
  • →調停を取り下げて協議離婚にする事も可能
  • →法定離婚事由を問われない


    ●調停離婚のデメリット
  • →1回約1時間、1ヶ月に1回程度の割合で調停が進行するので離婚まである程度の時間を要する
  • →お金の取り決めは相場をもとに話が進められて解決してしまう
  • →調停不成立という形で解決に至らず終了することもある

調停離婚が成立せず、どうにもならない状態となれば裁判によって離婚をする方法があります。夫婦のどちらかが納得しないとしても裁判で決定すると強制的に離婚となります。判決離婚では、方が自分の意見を述べ、離婚へ発展する要因を証明する証拠品を見せたり、身内や兄弟などの話も聞いたりしながら進められます。
裁判は自分の裁量が大きく関わるので、この点は弁護士など専門家と相談しながら対策を練っていく事が大切です。


◎調停離婚のメリット
  • →途中で和解離婚も提示してくれる
  • →弁護士に依頼した場合弁護士がが動いてくれる
  • →判決には強制力がある
  • →必ず決着する


●調停離婚のデメリット
  • →時間・労力ともかかるので、精神的に疲弊する事が多い
  • →弁護士を依頼する場合がほとんどなので高額の費用がかかる
  • →まずは調停から始まる(調停主義)ので、決着まで時間がかかる)
  • →法定離婚事由とそれを証明する証拠が必要
  • →必ずしも納得できる判決がでるとは限らない
別れさせ屋 無料相談専用フォームはこちら >>
 
∥ページの先頭へ↑∥